このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47730
本文ファイル
別タイトル
Analysis of nivolumab related interstitial lung disease in patient with non-small-cell lung cancer.
著者
櫻下 弘志
泉谷 悟
木村 優美
西垣内 亮
村瀬 哲也
本永 正矩
佐伯 康之
キーワード
ニボルマブ
間質性肺疾患
副腎皮質ステロイド治療
免疫関連有害事象
nivolumab
Interstitial Lung Disease
corticosteroid therapy
immune-related adverse event
抄録
ニボルマブに関連した間質性肺疾患(以下,ILD)の発現については,死亡例が報告され注意喚起がなされている。ILD 等の異常が認められた場合には,ニボルマブを中止し副腎皮質ステロイド剤の投与等の処置を行うこととされているが,十分なデータが得られているとは言えない。平成28年1~12月の間に非小細胞肺癌に対してニボルマブ投与を開始した患者の中でGrade 2及びGrade 3のILD各1名を経験し,メチルプレドニゾロンコハク酸エステルナトリウム1 g/day ×3日間投与後,経口プレドニゾロン投与し漸減することで軽快した。ILD の発現時期については,ニボルマブ2~ 12回目の投与時(中央値8回目)に発現しており定まっていなかった。今回経験したGrade 2以上の症例においては,副腎皮質ステロイドに対する反応性を認めた。
抄録(英)
The attention is given to Nivolumab induced interstitial lung disease (refered to as ILD). In some cases, even deaths have been reported. The standard protocol is that once a sign of ILD is seen, stop Nivolumab and switch to corticosteriod, but there is no enough data to back up this protocol. Among the non-small cell lung cancer patients who were given Nivolumab between January 2016 and December 2016, there was one patient who experienced grade 2 ILD and another patient with grade 3 ILD. Both of these patients’ symptoms of ILD were mostly contained after given 1g/day of Methyprednisolone Soduim Succinate for 3 days, then oral prednisolones with gradually decreasing the dosage of it. Regarding the manifestation of ILD, it varied and it was somewhere bewteen second to 12th doses of Nivolumab with the median of 8th doses. This study was able to confirm the effective response to corticosteriod for grade 2 or higher cases of ILD.
掲載誌名
広島大学医学雑誌
66巻
1-6号
開始ページ
17
終了ページ
21
出版年月日
2018-12
出版者
広島大学医学出版会
ISSN
0018-2087
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 広島大学医学出版会
部局名
医歯薬保健学研究科
病院
他の一覧