このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40435
本文ファイル
別タイトル
A Phase III Multicenter, Open-Label, One-Arm Study to Evaluate the Efficacy and Safety of Remifentanil Hydrochloride for Pediatric Subjects under General Anesthesia
著者
鈴木 康之
今中 啓一郎
伊豆本 透
柴田 さより
名執 真希子
髙 忠石
キーワード
レミフェンタニル
麻酔
小児
有効性
安全性
remifentanil
anesthesia
pediatric
efficacy
safety
NDC
医学
抄録
レミフェンタニル塩酸塩は4-アニリドピペリジン誘導体で選択的μ-オピオイド受容体作動薬として,国内では,成人における「全身麻酔の導入及び維持における鎮痛」の効能・効果で汎用されているが,小児の適応はない。今回,小児におけるレミフェンタニル塩酸塩の有効性,安全性及び薬物動態を評価するため,挿管による気道確保及びオピオイド鎮痛薬による鎮痛を必要とする全身麻酔下での手術を行った1~15歳の小児患者80例を対象に,第Ⅲ相多施設単群非盲検試験を実施した。主要評価項目の皮膚切開時の刺激への反応は11.3%で,年齢区分(1~6歳,7~15歳)による明らかな差は認められなかった。本剤の使用に関連する有害事象は30.0%で,主な事象は心拍数減少であった。レミフェンタニルのクリアランスと年齢に明らかな傾向は認められなかった。レミフェンタニル塩酸塩は全身麻酔下の小児患者において,十分な鎮痛効果を認め,安全に使用可能であった。
抄録(英)
Remifentanil is a potent, selective, 4-anilidopiperidine µ- opioid receptor agonist not licensed for analgesia in the maintenance of general anesthesia in pediatric subjects in Japan. A phase III trial was conducted to evaluate remifentanil for pediatric subjects in Japan. This multicenter, open-label, one-arm study in pediatric subjects between 1 and 15 years of age receiving general anesthesia included 80 subjects. Nine subjects (11.3%) showed response to skin incision, which was the primary endpoint, and no apparent difference in response rate was found according to age (1–6, and 7–15 years old). Drug-related treatment emergent adverse events were found in 24 subjects (30.0%) with the most common event being heart rate decreased (26.3%). Remifentanil was found to be effective and safe for analgesia in maintenance of general anesthesia for pediatric subjects.
掲載誌名
麻酔と蘇生
52巻
2号
開始ページ
33
終了ページ
41
出版年月日
2016-06-20
出版者
広島麻酔医学会
ISSN
0385-1664
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
医歯薬保健学研究科
他の一覧