このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41423
本文ファイル
別タイトル
小豆の浸漬,蒸煮速度式に関する研究
著者
Kubota, Kiyoshi
NDC
農業
抄録
前報1)において,大豆の浸漬,蒸煮速度式に関する研究を行なった。本報では,前報に引続き,小豆の浸煮,蒸煮について研究をした。

浸漬,蒸煮速度を,温度20~97℃において重量法により求めた。小豆の浸漬,蒸煮では,大豆の浸漬,蒸煮において使用できた簡単なn次速度式が利用できないことが分った。小豆の浸漬,蒸煮速度式はS型形状係数αを含んだ次式で表わされた。
dx/dθ=kn, α(1‐x)^n(x+α)
kn, α=9.46×10^4exp(-9.70×10^3/RgT)(min^-1)
n=1.0(‐), α=0.01(‐)
Rg=1.987cal/g‐mol・°K
ここで,x(‐),θ(min)およびT(°K)は,それぞれ浸漬,蒸煮率,時間および温度である。
抄録(英)
In a former paper1), the rate equations on the soaking and cooking of soybean have been investigated. In the present paper, we took up the soaking and cooking of red bean.

The soaking and cooking rates were measured by a weighing method at temperature ranges of 20~97℃. For the soaking and cooking of red bean, the simple nth-order rate equation, which had been used for the soaking and cooking of soybean, could not apply. The rate equation of red bean was postulated as the following equation with a S-shape's constant α.
dX/dθ= kn, α(1 -X)^ n (X+α)
kn, α= 9.46×10^4exp (-9.70×10^3/RgT) (min-1),
n=1.0(-),α=0.01(-), Rg=1.987 cal/g-mol•゜K
where, x(-), θ(min) and T (゜K) are the soaking or cooking ratio, time and temperature, respectively.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
18巻
2号
開始ページ
161
終了ページ
169
出版年月日
1979-12-25
出版者
広島大学生物生産学部
ISSN
0387-7647
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧