このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23478
本文ファイル
Thumnail 39-0698.pdf 870 KB
別タイトル
Studies on the Energy Absorbed in Liquid Samples during Microwave Heating
著者
黒川 眞行
久保田 清
NDC
家政学・生活科学
抄録
前報l,2)において、ジャガイモ薄片のマイクロ波加熱クッキングにおけるクッキング速度式の設定に関する研究を行ってきた。各種のマイクロ波加熱装置を設計するためには、マイクロ波加熱をした食品の吸収エネルギーと温度上昇の測定が必要となってくる。本研究では、電子レンジを用いて、液状試料のマイクロ波加熱における温度上界の値を測定し、吸収効率の値を簡単な熱関係式を設定することによって計算する研究を行った。小容器に水を入れたものを、大容器に油を入れた中に入れる時に、油の吸収効率が低下しても、内部の水の吸収効率は低下しないで加熱できるという興味深い結果が得られることがわかった。この結果は、食品のマイクロ波加熱によるフライング操作が効率よく行えることを示唆している。
抄録(英)
In previous papers1,2), we have studied the cooking-rate equations on the microwave heated cooking of potato slices. In order to design various microwave heating apparatuses, it is necessary to measure the absorbed energy and the increased temperature of microwave heated foodstuffs. In this paper, the values of the increased temperature of liquid samples during microwave heating in an electronic range were observed, and the values of the absorption efficiency were calculated by using a simple energy equation formed by authors. The temperature of water in a small vessel in a large vessel contained salad oil was measured. The value was very large same as a small vessel contained water was set up only in the electronic range. This phenomena observed are very interesting for the microwave frying of foodstuffs.
掲載誌名
広島大学生物生産学部紀要
26巻
1・2号
開始ページ
69
終了ページ
78
出版年月日
1987-11
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
0387-7647
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧