このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49720
本文ファイル
別タイトル
Investigation of Learning Contents from Information Science: Computationalization for Computational Thinking
著者
平嶋 宗 大学院工学研究科 広大研究者総覧
林 雄介 大学院工学研究科 広大研究者総覧
キーワード
教材研究
計算論的思考
ホワイトボックス
思考の外在化
抄録(英)
In Open Information Structure Approach, a learning content is described as an operable information structure. The information structure is then provided to a learner as operable external representation. The operations for the external representation can be interpreted as corresponding the learner’s thought on the content. Furthermore, the representation and operations can be expected to encourage computational thinking because they should be defined computationally. In this paper, this approach is described as an investigation of learning contents from information science and computationalization of learning content.
内容記述
教育システム情報学会中国支部第19回研究発表会, 開催日: 2019年10月26日(土), 開催場所: 広島大学附属福山中・高等学校
掲載誌名
教育システム情報学会中国支部研究発表会講演論文集
19巻
1号
開始ページ
54
終了ページ
61
出版年月日
2019-10-26
出版者
教育システム情報学会
ISSN
2185-3738
言語
日本語
NII資源タイプ
会議発表論文
広大資料タイプ
会議発表論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
権利情報
Copyright (c) 2020 教育システム情報学会
部局名
工学研究科