このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14480
本文ファイル
著者
Aoki, S.
Fukugita, M.
Hashimoto, S.
Ishizuka, N.
Mino, H.
Onogi, T.
Ukawa, A.
キーワード
Charmonium spectroscopy
Kogut-Susskind valence quark
QCD
NDC
物理学
抄録(英)
Charmonium spectroscopy with Kogut-Susskind valence quarks are carried out for quenched QCD at β = 6.0 and for two-flavor full QCD at β = 5.7. Results for 1P — 1S mass splitting and estimates of α(5)/MS(MZ) are reported. Problems associated with flavor breaking effects and finite size effects of 1P states are discussed.
掲載誌名
Nuclear Physics B - Proceedings Supplements
42巻
1-3号
開始ページ
303
終了ページ
305
出版年月日
1995-04
出版者
Elsevier B.V.
ISSN
0920-5632
出版者DOI
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
権利情報
Copyright (c) 1995 Elsevier B.V.
関連情報URL(IsVersionOf)
http://dx.doi.org/10.1016/0920-5632(95)00233-Y
部局名
理学研究科