このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45616
本文ファイル
別タイトル
The effect of recognition on career development: A study of hotel employees
著者
香坂 千佳子
柴田 好則
キーワード
キャリア発達
自律的キャリア
組織における承認
ホテル業
NDC
社会
抄録
本稿の目的は、組織における他者からの承認が、ホテル従業員の主観的なキャリア発達の諸側面に及ぼす影響を明らかにすることである。この目的に基づき、ホテル従業員の職務能力や成果に対する上司と同僚および顧客からの承認は、キャリア満足や昇進可能性の認知といったキャリア発達項目に影響を及ぼすという仮説が設定された。パス解析の結果、職場における上司と顧客からの承認は、キャリアに対する満足感を向上させるとともに、当該ホテルでの昇進可能性と専門性への肯定感の向上に影響を与えることが示された。これらの分析結果は、無形の人的サービスを顧客に提供するホテル従業員のキャリア発達を形成するうえで、職場における上司の役割および顧客からの直接的なフィードバックが重要であることを示すものである。
抄録(英)
The purpose of this study is to investigate the relationship between gaining recognition from others and career development of hotel employees. Although the study of career development has increased markedly in the past few years, little attention has been paid to the relationship between recognition from others and career development in organizations. Using samples from 534 hotel employees in Japan, structural equation analysis found that recognition from supervisors and customers had a significant impact on three career development dimensions. Conversely, recognition from colleagues failed to influence any dimension of career development. The authors discussed implications of these results for future research and practice.
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
19号
開始ページ
55
終了ページ
65
出版年月日
2018-03-23
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧