このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45738
本文ファイル
別タイトル
Punishment of bodily harm with victim’s consent in recent German cases (1)
著者
田中 優輝 大学院社会科学研究科
NDC
法律
抄録(英)
In German criminal law, causing bodily harm is justified by the victim’s consent unless the act, regardless of the consent given, violates public morals (§ 228).The Federal Court of Appeals has basically interpreted this restriction to apply to instances of life-threatening harm, but not to violations of majority moral views. However, the Court has made new judgements in two recent cases concerning mass brawls to widen the range of punishment of bodily harm with the victim’s consent. This study introduces and examines these two cases in particular.
内容記述
本稿は、科学研究費若手研究B(課題番号25780047 および16K17011)の助成を受けたものである。
掲載誌名
廣島法學
41巻
4号
開始ページ
152
終了ページ
132
出版年月日
2018-03-05
出版者
広島大学法学会
ISSN
0386-5010
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
許可なく複製・転載することを禁じる。
部局名
社会科学研究科
他の一覧