このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48993
本文ファイル
別タイトル
“Presentation and Disclosure” on the IASB’s Conceptual Framework and Information Set Approach
著者
長濱 照美
キーワード
情報セットアプローチ
概念フレームワーク
IASB
表示及び開示
包括利益
包括利益計算書
英国
業績報告
FRS3
抄録
IASB の改訂版の概念フレームワークにおける新設章「表示及び開示」で,包括利益の概念が導入された。本稿の目的は,①当該新設章「表示及び開示」において,情報セットアプローチは採用されているか,②情報セットアプローチと包括利益の概念及び包括利益計算書はどのような関連性を有するか,以上を明らかにすることである。考察の結果,①に関して,「表示及び開示」における規定に情報セットアプローチの特質がみられた。②に関して,英国における包括利益の概念の導入と包括利益計算書の開発は,情報セットアプローチを構成する思考の導入と並行して行われたことが明らかとなった。以上より,IASB の単独開発となった概念フレームワークの「表示及び開示」に,英国の情報セットアプローチの影響が残存していると結論付けた。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
21号
開始ページ
63
終了ページ
77
出版年月日
2020-03-26
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2020 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧