このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49203
本文ファイル
別タイトル
A sense of power and system justification: Reexamining van der Troon et al. (2015)
著者
森永 康子 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
東 智美
糸賀 日奈子
曽我部 里紗
上村 冴子
キーワード
a sense of power
system justification
emotions
抄録(英)
We conducted two studies reexamining the findings of van der Toorn et al. (2015) that a sense of powerlessness fosters system justification (SJ). In Study 1, we used the Sense of Power Scale (Anderson et al., 2012) and found that a sense of powerfulness as well as a sense of powerlessness are positively associated with SJ. In Study 2, after priming participants with a feeling of powerfulness vs. powerlessness, we investigated the mediating effects of emotions on the relationship between sense of power and SJ. Although participants experienced positive emotions in the Powerful condition and negative emotions in the Powerless condition, we did not find any significant effects of emotions on SJ. Further studies are needed to investigate the relationship between a sense of power and SJ using more sophisticated methods.
内容記述
本論文は,2019年度に広島大学教育学部で開講された心理学課題演習において,第1著者の指導により第2著者から第5著者が実施した研究をもとに執筆したものである。研究の一部は第2著者から第5著者により中国四国心理学会第75回大会学部生研究発表会において報告された。また,本研究はJSPS科研費JP18K03007 の助成を受けた。
掲載誌名
広島大学心理学研究
19号
開始ページ
1
終了ページ
9
出版年月日
2020-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧