このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48482
本文ファイル
別タイトル
Effect of Combined Shadowing and Repeating on Speaking Performances for a Class of Chinese Learners Studying Intermediate Japanese: Manipulating Working Memory Capacity
著者
王 校偉
キーワード
combination of shadowing and repeating
speaking performances
working memory capacity
シャドーイングとリピーティングの複合
発話成績
作動記憶容量
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
68号
開始ページ
139
終了ページ
147
出版年月日
2019-12-20
出版者
広島大学大学院教育学研究科
ISSN
1346-5554
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧