このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15001
本文ファイル
別タイトル
A study of dependence tendency on friend and parents-child relationship in adolescence
著者
長尾 あゆみ
笠井 仁
鈴木 伸一
キーワード
dependence tendency
parents-child relationship
NDC
心理学
抄録(英)
The purpose of this study was to investigate the dependence tendency associated with the interpersonal relationship and the parents-child relationship in adolescence. Subjects were 398 undergraduate students, who were asked to perform a set of questionnaires on dependence tendency and parents-child relationship. The results of this study showed that sex differences, existence of sibling, wether living with parents, and school year affect on their dependence tendency and parents-child relationship.
掲載誌名
広島大学大学院心理臨床教育研究センター紀要
2巻
開始ページ
22
終了ページ
35
出版年月日
2003
出版者
広島大学大学院心理臨床教育研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧