このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16205
本文ファイル
別タイトル
Morphological Derivations in the Color Term ""Kuro: Kamang (Black)"" of Japanese and Korean Languages
著者
權 寧成
キーワード
色彩語
意味変化
語彙分化
Color Term
Meaning changes
Morphological Derivations
NDC
日本語
抄録(英)
This study focuses on the color term ""black"" which is called ""kuro"" in Japanese Language and ""kamang"" in Korean Language. As a result, it is found that there is a significant difference in the structure and lexical system of the color term of both languages. Especially in ""kamang"" of the Korean Language, its derivative words and compound words not only indicate the luminosity, but bring about various meaning changes as well.
掲載誌名
広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部, 文化教育開発関連領域
51号
開始ページ
317
終了ページ
325
出版年月日
2003-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1346-5554
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧