このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45870
本文ファイル
別タイトル
Developmental Changes in the External Source Monitoring Ability of Young Children
著者
近藤 綾
キーワード
ソースモニタリング
幼児
記憶の発達
認知発達
Source monitoring
5 year-olds
6 year-olds
Memory development
Cognitive development
NDC
心理学
抄録
本研究では,外部情報のソースモニタリング能力について幼児と成人を対象とした発達的検討を行った。第1実験では,まず学習として男性と女性の2つの音声刺激で単語を聞かせた。その2分後のテスト時では,再認テストとソースモニタリングテストを行った。ソースモニタリングテストでは,単語を"男性の声だけで聞いた","女性の声だけで聞いた","男性と女性の両方の声で聞いた","どちらの声でも聞かなかった",の4つの項目から判断させた。その結果,幼児は成人と比較してソースモニタリングテストの成績が悪く,中でも"両方に共通する情報(両方の声で聞いた)"という判断項目の成績が級も悪かった。よって第2実験では,"両方に共通する情報"という判断項目に対する成績が悪かった原因として提示する刺激の類似性に注目した。第1実験で用いた2つの刺激は音声と音声の区別という類似性の高い刺激であると考えられた。従って単語が両方に提示されたことにより気付きやすくするため,第2実験では提示する2つの刺激を類似性の低い刺激,つまり画像刺激と音声刺激,に変更して第1実験と同様の方法で検討を行った。しかし結果は第1実験と同様であり,本研究において幼児はソースモニタリング能力が十分に発達しておらず,中でも2つの情報源の両方から情報が発信されたと判断することが困難であるということが明らかとなった
抄録(英)
The present study examined the ability of young children to monitor two external sources. In Experiment 1, 5- and 6-yearolds and adults listened to a list of words spoken by two sources, a male and a female. Some words in the list were common to both sources, whereas others were unique to one source. After approximately two minutes participants were given a recognition test, and a source monitoring test in which they were asked to identify the source of each word as one of four alternatives (male voice only, female voice only, both voices, neither voice). Children made more source monitoring errors than did adults, arid they had the greatest difficulty identifying sources of the words which had been given by both sources. In Experiment 2, the materials and procedures were identical to those in Experiment, except that the words were presented both as visual images (picture cards) and as sounds (a female voice). The results of Experiment 2 were almost the same as in Experiment 1.
内容記述
本論文は福岡教育大学大学院教育学研究科に提出した修士論文の一部を加筆・修正したものです。
掲載誌名
発達心理学研究
19巻
1号
開始ページ
47
終了ページ
56
出版年月日
2008-05-10
出版者
日本発達心理学会
ISSN
0915-9029
2187-9346
NCID
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2008 日本発達心理学会
部局名
教育学研究科