このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48912
本文ファイル
別タイトル
A Survey of the Recognition of the Effectiveness of Incorporating Academic History in the Classroom
著者
中村 大輝
キーワード
教科教育
学問史
有効性認知
実態調査
ベイズ統計
Subject Education
Academic History
Recognition of Effectiveness
Survey of Actual Condition
Bayesian Statistics
抄録
本研究では,小学校教員養成課程の大学生が,各教科の授業に学問史を取り入れることの有効性をどのように認識しているのか(有効性認知)を検討した。アンケート調査の結果から,1)有効性認知は,国語,音楽,理科,算数の順に高く,理系科目において学問史の有効性認知が低いこと,2)理科においてのみ学年間での差が見られること,3)大学生は大学生活を通して理科において知識を重視する価値観をより強固なものにしていること等が明らかになった。また,回帰分析の結果から,各教科の授業において学問史を取り入れることの有効性認知を高めるための方法が示唆された。
抄録(英)
In this study, we examined how university students in an elementary school teacher training course perceive the effectiveness of incorporating academic history in classes in each subject (recognition of effectiveness). Based on the results of the questionnaire survey, we found that: 1) the perception of effectiveness is high in national language, music, science, and mathematics (in descending order), while recognition of the effectiveness of incorporating academic history is low in science-related subjects, 2) it is clear that there is only a difference in the perception of effectiveness with respect to the sciences, and 3) through university life, university students have internalized the values that emphasize that knowledge is more important in science. Moreover, based on the results of a regression analysis, a method to increase awareness of the effectiveness of incorporating academic history in each subject class was suggested.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
8号
開始ページ
71
終了ページ
78
出版年月日
2020-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2020 初等教育カリキュラム学会
部局名
教育学研究科
他の一覧