このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50842
本文ファイル
別タイトル
For a Literature Class that Does Not Hide Personal Readings: In the Case of “Shiroi Boshi”
著者
河上 裕太
キーワード
文学教育
〈語り手〉
『白いぼうし』
Literature education
“Narrator”
“Shiroi boushi”
抄録
教室での『白いぼうし』の扱われ方,教材論レベルでの『白いぼうし』の読まれ方のそれぞれに注目すると,『白いぼうし』に大きく2つ読みの方向性があることが分かった。1つは『白いぼうし』に「優しさ」を読む同化的な読みの方向性であり,もう1つは「孤独」を読む作品に対して異化的な読みの方向性である。
このような2つの読み・読み方は作品構造に起因する。それは,個人的な「松井さん」を語り,その自閉性を問題化する「語り手」と,「松井さん」を引いた視点からファンタジー化し,その問題を隠蔽しようとする〈語り手〉という二つの語り手構造である。このような構造によって,従来の文学の授業では『白いぼうし』の「語り手」の存在が見落とされたり,「語り手」・〈語り手〉という二つの存在によって二つの方向に分かれていく読みが放置されてきたと考えられる。
抄録(英)
This study focused on how “Shiroi boushi” is handled in the classroom and read at the theory level. It was found that “Shiroi boushi” has two major reading directions. One is the direction of anabolic reading that reads “kindness” in “Shiroi boushi”, and the other is the direction of catabolic reading that reads “loneliness”. These two readings are due to the structure of the work. There are two narrators, a “narrator” who talks about his personal “Matsui” and raises the issue of autism, and a “Narrator” who tries to conceal the problem by making it a fantasy from the perspective of drawing “Matsui”. It is a structure. Due to this structure, the existence of the “narrator” in “Shiroi boushi” is overlooked in the conventional literature class, and the reading that is divided into two directions by the two existences of “narrator” and “Narrator” is left unattended. It is thought that it came.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
9号
開始ページ
11
終了ページ
19
出版年月日
2021-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2021 初等教育カリキュラム学会
部局名
教育学研究科
他の一覧