このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49801
本文ファイル
著者
後藤 秀昭 大学院文学研究科 広大研究者総覧
熊原 康博 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
竹内 峻
山中 蛍
村田 翔
岩佐 佳哉
元吉 梨奈子
新殿 栞
中田 高
キーワード
斜面崩壊
地理情報システム
地理データ
抄録
平成30年7月豪雨で生じた広島県南部の斜面崩壊の詳細な分布図を作成した。豪雨直後に撮影された航空写真を実体視判読し,斜面崩壊の範囲とその内部の微地形を分類して地理データとして記録した。斜面崩壊の詳細な分布と数量,規模の地域差などが明らかとなった。
内容記述
調査にあたり,国土地理院からは航空写真の提供を受け,公益社団法人東京地学協会(平成30年7月豪雨関連緊急調査・研究助成金)からは活動資金を助成いただきました。
掲載誌名
平成30年7月豪雨災害報告書
開始ページ
69
終了ページ
83
出版年月日
2019-07
出版者
広島大学平成30年7月豪雨災害調査団
言語
日本語
NII資源タイプ
研究報告書
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
教育学研究科