このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16291
本文ファイル
別タイトル
Usage of the Temporal Verbs in 'Waka-Kanbun'
著者
磯貝 淳一
キーワード
動詞の用法
和化漢文の分類
仏教説話
霊験記
仏家と俗家
NDC
日本語
抄録(英)
The purpose of this paper is to compare a variety of kinds of documents written at latter term of the Heian era, and to research features among 'Waka-Kanbun'. It tries to describe the difference of the usage of four verbs ""Itaru"", ""Iru"", ""Oyobu"", and ""Nozomu"". The conclusion is as follows. 1. The verb used frequently is different according to the genre of the document. (e.g. ""Oyobu"" in Kokiroku : ""Itaru"" in Bukkyo-setsuwa and Reigenki) 2. 'Bukkyo-setsuwa' and 'Reigenki' have a feature different from another, in the point which verb to select in the context.
掲載誌名
広島大学大学院文学研究科論集
61巻
開始ページ
左47
終了ページ
左63
出版年月日
2001-12-28
出版者
広島大学大学院文学研究科
国立情報学研究所
ISSN
1347-7013
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧