このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49050
本文ファイル
著者
内田 康
内容記述
<小特集> 村上春樹「騎士団長殺し」 : 〈メタ・テクスト性〉と「物語」のその先
本稿は、平成二十九年十一月二十六日に立教大学にて行なわれた、日本近代文学会11月例会「第三回 国際研究集会」におけるパネル発表「村上春樹「騎士団長殺し」―〈メタ・テクスト〉性と「物語」のその先―」での口頭発表に基き、加筆修正を施したものである。
掲載誌名
近代文学試論
56号
開始ページ
37
終了ページ
52
出版年月日
2018-12-25
出版者
広島大学近代文学研究会
ISSN
0910-9765
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧