このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49041
本文ファイル
著者
NDC
日本文学
内容記述
本稿は第四回村上春樹国際シンポジウム(二〇一五年七月二十五日、北九州国際会議場)「母の怒り─村上春樹「海辺のカフカ」における母と子の両義性を視座として─」、第六回村上春樹国際シンポジウム(二〇一七年七月九日同志社大学)「生き直されるサバイバーの生─「海辺のカフカ」におけるナカタ章の〈魅惑〉」を基に、大幅な改稿を施したものである。
掲載誌名
近代文学試論
55号
開始ページ
39
終了ページ
53
出版年月日
2017-12-25
出版者
広島大学近代文学研究会
ISSN
0910-9765
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧