このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50126
別タイトル
Transitional Justice among Taiwanese Indigenous People and the Japan's Colonial Responsibility: From the Movements around Truku War/Battle and Wushe Incident
著者
中村 平 大学院文学研究科 広大研究者総覧
キーワード
Transitional Justice
Colonial Responsibility
Taiwanese Indigenous People
Truku War/ Battle
Wushe Incident
抄録(英)
This article unfolds a critical writing which articulates the discussion on transitional justice among Taiwanese indigenous peoples to the Japanese colonial responsibility. There have been movements of both studies and reconciliation by local cultural activists which are related to Truku War/ Battle and Wushe Incident, while President Tsai Ing-wen apologized historical injustice to indigenous peoples in 2016. The Japanese colonial responsibility has gradually been questioned among such a movement by Taiwanese indigenous peoples. This article tries to represent such movements in detail and present their voices since colonial past.
内容記述
本稿の執筆にあたり、以下の助成金ならびに学会・研究会での報告の機会を得ました。記して感謝します。広島大学研究助成金(若手研究者支援、2018-19年度)。日本台湾学会第21回学術大会(2019年6月8日福岡大学)での分科会「日本の植民主義をめぐる『轄型正義』と『歴史和解』」での報告。
掲載誌名
比較日本文化学研究
13号
開始ページ
103
終了ページ
130
出版年月日
2020-03-31
出版者
広島大学大学院文学研究科総合人間学講座
ISSN
1882-8701
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2020 広島大学大学院文学研究科総合人間学講座
部局名
文学研究科
備考
本文ファイルは『比較日本文化学研究』投稿規定により2021年3月31日公開予定です。
他の一覧