このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50125
別タイトル
Images of Laborers in Natsume Soseki's Everywhere of Manchu and Korea
著者
郭 璇
キーワード
Coolie
Manchu Literature
Class consciousness
Imperialism
Imaginative Geographies
抄録(英)
The connection between Japan and Manchu can be traced back to Russo-Japanese War in 1904-1905. After the war Japan hold the lease of the Liaotung Peninsula and gained the rights to South Manchurian Railway. On the same time, with the development of the transportation industry of Japan, the overseas travel industry flourished, and the number of Japanese intellectuals to manchuria increased. The literary giant Natsume Soseki (1867-1916) is the representative writer who really set foot on the manchurian land and carefully observed and wrote about the manchurian people under this trend. In "Everywhere of Manchu and Korea", a travel note he wrote after his trip to manchuria in the autumn of 1909, he carefully observed and described Chinese laborers (coolies). But he kept a psychological distance at all times, which was consistent with the schema of mind like Imaginative Geographies in Said's Orientalism.
内容記述
本論文は、日本文藝学会第56回大会(2019年6月29日-7月1日、於熊本・九州ルーテル学院大学)において口頭発表した内容をもとにしたものである。
掲載誌名
比較日本文化学研究
13号
開始ページ
85
終了ページ
102
出版年月日
2020-03-31
出版者
広島大学大学院文学研究科総合人間学講座
ISSN
1882-8701
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2020 広島大学大学院文学研究科総合人間学講座
部局名
文学研究科
備考
本文ファイルは『比較日本文化学研究』投稿規定により2021年3月31日公開予定です。
他の一覧