このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 50123
別タイトル
Lost In Translation: The Ambiguity of English-Japanese Translation: Hiroshima City Example
著者
ルディン サリト
キーワード
文化
言語
グローバル化
解読
紛らわしい
culture
language
globalization
decoding
ambiguity
抄録
グロバール化とは経済・政治、文化など様々な側面において、従来の国家・地域の垣根を越え、地球規模で資本や情報のやり取りが行われることである。一面では、グロバール化とは各国の文化や言語の区別を超えることである。しかし、実際にはグロバール化が各国の文化と言語における特殊な概念を描き出す。本研究では、英語の"Culture"、"Manners"、"Etiquette"や"Behaviour"と日本語の“礼儀”、“エチケット”、“マナー”、“作法”や“行儀”を比較する。本研究の結果、誤解の間題点は文化的な概念の相違が言語の使用で見られることがわかった。本稿では文化や言語の関係性と解読の紛らわしさを明らかにして、英日翻成の欠点を説明する。
抄録(英)
Globalization, a development of closer economic, political and cultural relations among all countries around the globe as a result of travel and communication becoming easy. On the surface, globalization seems to surpass the cultural and lingual difference of each country by making it closer. However, the globalization in fact, strengthens the difference of cultural and lingual notions of each country. In this paper, we will compare the English notions of "Culture", "Manners", "Etiquette" and "Behaviour" with the Japanese notions of "Bunka", "Reigi", "Mana-a", Echiketto, "Saho-u"and "Reigi". The results of this research will show that miscommunication in language occur due to the cultural difference in the concept of each terminology mentioned above. This paper aims to clarify the connection between culture and language. By doing so, the paper will explain the ambiguity of decoding - that is the "weak link"in English-Japanese translation.
掲載誌名
比較日本文化学研究
13号
開始ページ
77
終了ページ
84
出版年月日
2020-03-31
出版者
広島大学大学院文学研究科総合人間学講座
ISSN
1882-8701
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2020 広島大学大学院文学研究科総合人間学講座
部局名
文学研究科
備考
本文ファイルは『比較日本文化学研究』投稿規定により2021年3月31日公開予定です。
他の一覧