このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 667
本文ファイル
別タイトル
A study on the automated VTR motion analysis system by Two Dimensional DLT Method
著者
西村 清巳
キーワード
2次元DLT法
映画撮影法
動作分析
NDC
スポーツ・体育
抄録(英)
The purpose of this study was to establish the automated VTR motion analysis system by Two Dimensional Direct Linear Transformation Method. Video digitizer equipped with video cassette recorder, personal computer were used for the VTR film analysis, where the coordinates were automatically transferred into the computer. The position data calculated by 2D-DLT method were very accurate. The mean deviations of computed coordinates from the actual coordinates were 0.012m in the horizontal direction (x), and 0.013m in the vertical direction (y).
掲載誌名
広島大学総合科学部紀要. IV, 理系編
21巻
開始ページ
161
終了ページ
169
出版年月日
1995-12-28
出版者
広島大学総合科学部
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
1340-8364
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
総合科学研究科
他の一覧