このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49168
本文ファイル
別タイトル
Coping Strategies Related to the Uncontrollability of Thoughts: Information Avoidance, Information Seeking, Solution Generation, and Worry
著者
杉浦 義典 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
対処方略
制御困難性
思考の持続
心配
coping strategies
uncontrollability of thoughts
persistence of thinking
worry
抄録
心配は, 制御困難な思考であると同時に, ストレスへの対処方略でもある。本研究では, 心配がどのような性質の対処方略なのかを調べるために, 情報回避, 情報収集, 解決策産出という3つの対処方略とストレスに関する思考の制御困難性との関連を検討した。成人134名を対象とした質問紙調査の結果, 情報回避, 情報収集, 解決策産出のいずれもが思考の制御困難性を増強し得ることが示された。さらに, この関連はそれぞれの対処方略のもつストレス低減効果とは独立であった。また, 性格特性によって, 対処方略の使用が思考の制御困難性に及ぼす影響が異なることが分かった。結果を, 心配のメカニズムのモデルに照らして考察し, 問題焦点型対処に分類される情報収集と解決策産出については, 動機的な要因による思考の持続が思考の制御困難性を規定するのに重要である可能性を示唆した。
抄録(英)
Worry is a kind of uncontrollable thinking. However, at the same time, worry represents an actively controlled process of coping with difficult problems. In order to investigate the nature of worry as a coping attempt, I had 134 adults complete a questionnaire that assessed the relationship between 3 coping strategies (information avoidance, information seeking, and solution generation) and the uncontrollability of thoughts about stressors. All 3 coping strategies enhanced the controllability of thoughts about the stressors, regardless of their stress reduction effects. Some personality traits seemed to moderate the effects of coping strategies on the uncontrollability of the thoughts. The results are discussed in terms of a currently proposed model of worry which suggests that the persistence of thoughts is the key factor linking problemfocused coping strategies (e. g., information seeking and solution generation) and worry.
掲載誌名
教育心理学研究
49巻
2号
開始ページ
186
終了ページ
197
出版年月日
2001-06-30
出版者
日本教育心理学会
ISSN
0021-5015
2186-3075
出版者DOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2001 日本教育心理学会
関連情報URL
部局名
総合科学研究科