このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49055
本文ファイル
別タイトル
The Shorthand Koudan Texts in the Taiwanese Journal Aikoku Fujin: Focusing on Representations of “Shinsengumi” and “ Boshin War”
著者
柳瀬 善治 大学院総合科学研究科 広大研究者総覧
抄録(英)
The magazine, Taiwan Aikoku Fujin, was published during the early phase of the Japanese colonial occupation of Taiwan (1908–1916). The main purpose of this essay is to show that the magazine played a great role as a medium for propaganda about the Japanese Government’s colonial policy, focusing on the least-studied fact that the magazine published many koudan texts, a Japanese traditional oral literary art that usually onsists of heroic war tales told by professional storytellers.
Four points are explored in this essay: (1) an explication of the nature of the propaganda in Seitoku Watanabe’s “Koudan Aikoku Fujin” (1915), which appeared in the magazine; (2) an analysis of the representations of “Sinsengumi” and “War of Bosin” in terms of the (con)texts of the magazine; (3) an attempt to specify the pretext of Watanabe’s text (possibly Ouchi Fukuchi’s “Onna Rounin” [1902]); and (4) a comparative study of Watanabe’s text with Masuda Tarou Kajya’s drama entitled “Seiban Shuurai” (1913) to illustrate the nature of the propaganda of the two texts.
内容記述
本稿は、「『台湾愛国婦人』における演芸速記本について―講談『愛国婦人』における新選組表象を中心に― 日本近代文学会東海支部 第62回研究会 2018年12月16日) での口頭発表原稿に基づき、加筆修正したものである。
本発表はJSPS科研費JP17K02452「『台湾愛国婦人』の内容に関する多角的研究」(研究代表者 下岡友加)の助成を受けた研究成果の一部である。
掲載誌名
アジア社会文化研究
21号
開始ページ
1
終了ページ
27
出版年月日
2020-03-31
出版者
アジア社会文化研究会
ISSN
1346-1567
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
総合科学研究科
他の一覧