このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20034
本文ファイル
別タイトル
On the complex and quaternion subspaces for view-based pose estimation
著者
天野 敏之
市原 由美子
NDC
電気工学
抄録
本稿では、3次元で1軸回転する物体の画像列を表現する複素部分空間と、3軸回転する物体の画像列を表現する四元数部分空間を構成し、それを用いた見えに基づく画像からの物体の姿勢推定手法を提案する。非線形回帰や多様体学習のような手法と異なり、本手法は線形部分空間を用いたアプローチを取り、実際の画像を用いて手法の有効性を検証する。
抄録(英)
This paper proposes a new method for construction of a complex subspace for rotation about a single axis and a quaternion subspace for 3DOF rotation of a 3D object, then demonstrates with the proposed method view-based pose estimation.
掲載誌名
情報処理学会研究報告 CVIM : コンピュータビジョンとイメージメディア
160巻
開始ページ
181
終了ページ
186
出版年月日
2007
出版者
情報処理学会
ISSN
0919-6072
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
会議発表論文
広大資料タイプ
会議発表論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
権利情報
Copyright (c) 情報処理学会
関連情報URL
部局名
工学研究科