このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 25984
本文ファイル
著者
NDC
物理学
抄録(英)
Systematic studies of global observables in different collision systems are indispensable for mapping the QCD phase diagram. Fluctuations in these quantities can provide fundamental information relevant for the phase transitions. The following global observables relevant to critical behavior are studied: the longitudinal density correlation, K to π and p to π fluctuations, and the constituent quark number scaling for elliptic flows.
掲載誌名
Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics
35巻
10号
開始ページ
104132
出版年月日
2008
出版者
IOP Publishing Ltd
ISSN
0954-3899
NCID
出版者DOI
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
author
権利情報
Copyright (c) 2008 Institute of Physics and IOP Publishing Limited
関連情報URL
部局名
理学研究科