このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49743
本文ファイル
著者
Inoue, Yoshifumi
Akieda, Sachie
Fujikawa, Masaaki
Moriwaki, Masayasu
Noda, Mami
Koyama, Masataka 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
Shimomura, Tetsu 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
Kageyama, Kazuya 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
抄録(英)
The purpose of this research is to make a theoretical framework for improving mathematics lesson and evaluation through setting inquiry problem-solving activities effectively in junior high and senior high mathematics lessons. To achieve this, we first carried out a questionnaire survey to capture how students perceive learning mathematics and, based on the results, made a framework incorporated these activities for lesson design and evaluation of student’s learning. Then, sample lesson conducted in a junior and senior high school based on the framework was analyzed to investigate its effectiveness and get some practical suggestions.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
47号
開始ページ
1
終了ページ
11
出版年月日
2020-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
2435-9041
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2020 広島大学学部・付属学校共同研究機構
部局名
附属学校部
他の一覧