このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32387
本文ファイル
別タイトル
The change of interactions between preschool children who are engaged in non-social play and others
著者
德岡 大
キーワード
非社会的遊び
自由遊び
幼児
NDC
心理学
抄録
非社会的遊びに従事する幼児は常にひとりで遊んでいるわけではなく,他者とかかわることが先行研究(淡野・前田,2006)で示されている。本研究では,非社会的遊びに従事する3歳児や4歳児と他者の相互作用について観察し,他者を幼児と保育者に分け,幼児同士の相互作用と保育者との相互作用別に検討した。その結果,3歳児では保育者との相互作用が幼児同士の相互作用よりも有意に多かった。非社会的遊びに従事する3歳児から開始された相互作用は,保育者との間では成立しやすいが,他児との間では成立しにくいことが示された。一方,4歳児では3歳児よりも幼児同士の相互作用が成立しやすいことが示された。発達に伴って非社会的遊びの変化をもたらす環境条件に相違があることが示唆された。
掲載誌名
広島大学心理学研究
11号
開始ページ
99
終了ページ
105
出版年月日
2012-03-31
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科
他の一覧