このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24678
本文ファイル
Thumnail 53-0547.pdf 1.85 MB
別タイトル
Production of Gynogenetic Diploids by Temperature and Pressure Treatments and Sex Reversal by Immersion in Methyltestosterone in Marbled Sole Limanda yokohamae
著者
柿本 芳久
相田 聡
荒井 克俊
鈴木 亮
キーワード
遺伝子-動原体間組換え
雌性発生
性決定
性転換
マコガレイ
gene-centromere recombination
gynogenesis
marbled sole
sex determination
sex reversal
NDC
水産業
抄録
マコガレイ Limanda yokohamae における雌性発生二倍体作出のための温度、圧力処理諸条件ならびに遺伝的雌の雄化のための17α-メチルテストステロン浸漬処理条件について検討した。本種の卵を紫外線照射精子で受精すると、致死性の雌性発生単数体が生じるが、受精後5分に、低温(-2.0~-0.8℃、60分間)、高温(39℃、5分間)あるいは圧力処理(700kg/cm2、6分間)を施すと、比較的高率で生存性の個体が得られた。これらはPGM*あるいはIDHP*アイソザイム遺伝子座において、遺伝子-動原体間の組換えにより生じるヘテロ接合遺伝子型と二種類の非組換え型ホモ接合遺伝子型を示すことから、第二極鉢放出阻止により倍数化した雌性発生二倍体と判断された。UV精子受精後165-205分に低温処理を行った区では正常仔魚は得られなかったが、受精後175-205分に圧力処理を施した区では少数の正常個体が得られた。アイソザイム分析の結果、これらの中に、第一卵割阻止型完全ホモ接合雌性発生二倍体が存在することが示唆された。14ヶ月飼育した通常二倍体の雌雄間で体重、体長を比較したところ有意に雌が大きかった。しかし、雌性発生二倍体雌は通常二倍体雌に比較すると有意に小さかった。雌性発生二倍体は調査したすべての個体で雌であった。孵化後21-80日目まで雌性発生仔魚を17α-メチルテストステロンで浸漬処理したところ、濃度が高いほど性転換雄の出現率が高く、1、5、10、20μg/ℓの区で、それぞれ53、60、73、80%であった。
抄録(英)
This study was made to optimize treating conditions of eggs for producing gynogenetic diploids as well as to determine optimal methyltestosterone concentration for sex reversal of fry from genetic females to functional males in marbled sole Limanda yokohamae. Cold (-2.0 ~ -0.8°C for 60 min duration), heat (30°C for 5 min duration) and hydrostatic pressure treatments (700 kg/cm2 for 6 min duration) initiated 5 min after fertilization with genetically inactivated spermatozoa which had been irradiated with UV rays, gave relatively high frequencies of viable progeny. The resultant fish exhibited a heterozygous genotype which occurred by gene-centromere recombination and two unrecombinant homozygous genotypes at PGM* or IDHP* isozyme-coding locus, indicative of duplication of maternal chromosomes by inhibition of the second polar body extrustion. No viable fry was produced from the eggs subjected to cold shock at 165 to 205 min after fertilization. While, a small number of normal fish appeared in the groups treated with hydrostatic pressure at 175 to 205 min after fertilization. Isozyme analyses suggest presence of the complete homozygous gynogenetic diploids which were produced by inhibition of the first cleavage in these surviving fish. In normal diploid 14-month-old fish, females showed significantly better growth than males. However, gynogenetic diploids were significantly smaller than normal diploids. All the gynogenetic diploids examined were female. Immersion of the gynogenetic fry in 1, 5, 10 and 20 μg/ℓ of methyltestosterone between 21 and 80 days after hatching induced 53, 60, 73 and 80 percent of sex reversed males, respectively.
掲載誌名
生物生産学研究
33巻
2号
開始ページ
113
終了ページ
124
出版年月日
1994-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧