このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24677
本文ファイル
Thumnail 53-0546.pdf 1.2 MB
別タイトル
Induction of Gynogenetic Diploids in Ocellated Puffer Takifugu rubripes by Cold and Heat Treatments
著者
柿本 芳久
相田 聡
荒井 克俊
鈴木 亮
キーワード
遺伝子-動原体間組換え
雌性発生
性決定
トラフグ
gene-centromere recombination
gynogenesis
puffer
sex determination
NDC
水産業
抄録
トラフグ Takifugu rubripes の卵に紫外線照射精子を媒精すると、雌性発生半数体が生じるが、これらは奇形で生存できなかった。そこで、受精後5分あるいは30分に0℃、45分間の低温処理あるいは30℃、5分間の高温処理を卵に加えたところ、生存性の雌性発生二倍体が得られた。これらの魚のアコニット酸ヒドラターゼ(AH)とイソクヱン酸脱水素酵素(IDHP)について電気泳動分析を行ったところ、各酵素支配遺伝子座において二種類のホモ接合遺伝子型の他、遣伝子-動原体間組換えによるヘテロ接合遺伝子型が見られた。従って、得られた雌性発生二倍体は、第二極体放出阻止により倍化したものと判断される。対照の雌雄比がほぼ1:1であるのに対し、雌性発生魚の93%が雌であったことから、トラフグは雄性ヘテロ(XX-XY)型と考えられるが、雄の出現要因については現状では明かではない。
抄録(英)
Fertilization with UV irradiated spermatozoa induced inviable gynogenetic haploid development in ocellated puffer Takifugu rubripes. Cold treatment (0°C, 45 min duration) initiated 5 and 30 min after fertilization with UV irradiated spermatozoa gave viable gynogenetic diploid progeny. Heat treatment (30°C, 5 min duration) from 5 min after fertilization also produced viable diploid gynogens. Since the resultant fish showed a heterozygous genotype which occurred by gene-centromere recombination as well as two homozygous genotypes at aconitate hydratase or isocitrate dehydrogenase isozyme coding locus, they were considered diploid gynogens which were produced by inhibition of the second polar body extrusion. Control progeny exhibited 1 : 1 sex ratio between females and males, while 93% of the gynogens were female. This result suggests that this species has basically XX-XY sex determination system.
掲載誌名
生物生産学研究
33巻
2号
開始ページ
103
終了ページ
112
出版年月日
1994-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧