このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19452
本文ファイル
別タイトル
Relations of Attitudes toward Life-long Learning to Willingness in Campus Life and Generalized Self-efficacy
著者
三宅 幹子
馬越 英美子
谷村 亮
松田 文子
NDC
心理学
抄録
大学生162名を対象に,生涯学習に対する意識と,大学生活における意欲および特性的自己効力感との関係を調査した.主要な結果は以下のようであった.(1)生涯学習に対する意識については,大多数の学生(n=147)が「大学卒美後に生涯学習をしたいと思う」と回答していた.(2)生涯学習に対する「積極的学習態度」は,大学生清における意欲と有意な閑適が示され,学習に対する主体性に関する意欲である「学業意欲」との関わりが特に深かった.また,(3)生涯学習に対する「積極的学習態度」は,「一般的自己効力感」とも有意な関連を持っていた.さらに,(4)学生の生涯学習に対する意識は,「積極的学習態度」,「積極的学習臨」,「焦燥感」の3因子に基づいて4つのタイプに分類された.1つめは,いずれもが相対的に高いタイプ(n=53),2つめは「積極的学習態度」,「積極的学習観」については中程度以上で「焦燥感」は低いマイペースタイプ(n=68),3つめは「積極的学習態度」,「積極的学習観」については中程度以下と低めで「焦燥感」が高いタイプ(n=17),4つめは「積極的学習態度」「焦燥感」がともに低く,生涯学習に対する意識の低いタイプ(n=24)であった.
掲載誌名
広島大学心理学研究
1号
開始ページ
103
終了ページ
112
出版年月日
2002-03-28
出版者
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
ISSN
1347-1619
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright by Author
部局名
教育学研究科
他の一覧