このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41189
本文ファイル
別タイトル
水産動物のカロチノプロテインに関する研究 : III アメリカザリガニ甲殻の青色カロチノプロテインと紫色カロチノプロテインの関係
著者
Nakagawa, Heisuke
Kayama, Mitsu
Asakawa, Suezo
NDC
生物科学・一般生物学
抄録
アメリカザリガニ甲殼から得た青色カロチノプロテイン(以下Bと略記)と紫色カロチノプロテイン(以下Pと略記)のアポ蛋白質の分析結果より,それぞれのアポ蛋白質は異ったサブユニットで構成されていることを明らかにした.

約10万の分子量をもつBは尿素の存在により分子量約5万のPに変化する。Bは,ある条件下で,補欠分子族のカロチノイド含量が減少することにより,Pおよびカロチノイドを含まない蛋白質に解裂し,最終的には縮合して赤色カロチノプロテインを生ずる.甲殼内においてもBとPは相互変換が起りうると考えた.
抄録(英)
From the results of the electrophoretic and the amino acid determinations, the apoproteins prepared from blue carotenoprotein (B) and purple carotenoprotein (P) of the crayfish (Cambarus clarkii) exoskeleton were found to consist of different subunit.

P, molecular size about 5×104, was derived from B with the molecular size about 105 by urea treatment. B was able to dissociate to P and carotenoid-free proteins due to the decrement of the prosthetic group carotenoid content under the certain conditions, these thereafter resulted by aggregation in a red carotenoprotein (R) with lower carotenoid content.

The possibility of conversion among three carotenoproteins in the exoskeleton under certain conditions was discussed.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
12巻
1号
開始ページ
21
終了ページ
30
出版年月日
1973-06-30
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧