このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40449
本文ファイル
別タイトル
ヒレハリソウの二三の特殊成分
著者
Ikeda, Minoru
Tsubota, Junichi
NDC
植物学
抄録
 ヒレハリソウは飼料作物としてのみならず,その花は観賞用として栽培されている.最近その特殊成分の研究が行われているので,著者等はアラントイン,タンニン,粘質物について検討した.
 アラントインは崎乳動物の尿や植物体中に存在し,特に植物の外傷治癒再生を助長促進する.ヒレハリソウのアラントインは夏季の根より春季の根に多く,地上部では花に多く葉に少なかった.
 タンニンは植物のあらゆる部分に存在し,鞍剤に用いられ,われわれの常用する茶葉などに多い.ヒレハリソウのタンニンは春季の根より夏季の根に多く,葉では夏季より春季に多く,花には少なかった.ペーパークロマトグラフィーによるヒレハリソウのタンニンは, dl-gallocatechol,lepicatechol ,gallicacid であった.
 粘質物は植物の特殊成分の一つである.ヒレハリソウの葉の水抽出物について粘度を測定した.ヒレハリソウの葉より分離した粘質物は,薄層クロマトグラフイーによるRf の値とスポットの色よりみて,大部分は粘質物の一般成分であるgalactose で,一部少量のglucoseが含まれていることを同定し得た.
抄録(英)
In this paper the following contents of therapeutically active components: allantoin, tannin and mucilage in Russian comfrey have been reported.

Allantoin exists in the urine of mammals, and also in the bud of seedling. Especially, it has effects on the accelerating function of plant growth and promotes the recovering from visible injuries of plant. The content of allantoin is most in the spring root, next in the summer root and the flower, and least in the leaf.

Tannin is distributed in all parts of plant; root, trunk, leaf, bark and nut extensively. The amount of the tannin content in roots is much more in summer than in spring. On the contrary, in leaves it is much more in spring than in summer. And it is more in stems than in flower. Considered from the Rf value and color of spots, catechols corresponding to the spots on paper chromatogram are dl-gallocatechol, lepicatechol and gallic acid.

Mucilage in Russian comfrey is detected to be almost galactose and a small amount of glucose due to the color and Rf value of spots on thin-layer chromatogram.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
6巻
1号
開始ページ
69
終了ページ
76
出版年月日
1965-12-20
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧