このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26317
本文ファイル
別タイトル
Developing for New International Exchange Study : Through Exchange Program about Exploris Middle School and Odyssay School
著者
神原 一之
鹿江 宏明
中本 美奈子
山崎 学肖
神山 貴弥
NDC
教育
抄録
本研究では, アメリカのExploris Middle Schoolへの生徒の渡米交流及びOdyssay Schoolとの宮島交流, e-mailによる交流実践を通して, 中学校における新しい国際交流プログラムの指針を示そうとした。英語を学び始めて間もない中学生にとって国際交流においての最大の不安は語学力であり, 指導・支援する側の教師も, 言語によって意志疎通が図れることに腐心しがちである。しかし, 本実践研究の結果から, 語学力が十分でない中学生であるからこそ尚更, 国際交流の場面では, 伝えたい内容を明確にしてやる指導・支援が重要であることがわかった。もちろん語学力が全くなければ意思疎通が難しいこともあろうし, 決して語学力が必要ないとは言わない。しかし, 人は伝えたいことがあれば必ずしも言語に頼らずともありとあらゆる媒体を通して意思疎通を図り, そのことが結果として, 語学への学習意欲を高めたり, 他国や自国の文化に対する理解を深めたり, またグローバル・マインドの醸成につながるであろう。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
37号
開始ページ
63
終了ページ
68
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧