このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39988
本文ファイル
別タイトル
Russian Comfreyの窒素化合物
著者
Ikeda, Minoru
Kunisaki, Itaru
Matsumura, hiroko
NDC
植物学
抄録
Russian comfrey の新鮮葉100g 風乾葉10g に水, 10%食塩水, 70% アルコーノレ液, 3.3%苛性ソーダ溶液, 0.3% 苛性ソーダ60% アノレコーノレ液を順次10 倍量宛加え,同じ操作を3回繰返しその合一*液について窒素を測定した.各種溶剤可溶の窒素総量は全室奈量に対し新鮮葉は60%,風乾葉は47%で稿少ない.また試料の風乾lとより各種溶剤可溶窒素は総量lこ対し, 10%食境水可溶窒素量はその割合を減少するが, 0.3% 苛性ソーダ可溶窒素量はその割合を増加lする.純蛋白質においても同様の傾向がみられる. これは乾燥のため蛋白質に変性をきたしたもので試料保取の時期を異にしても同様な結果を示す.なおアンモニア態,硝酸態,アミノ態,アミド態,ペプチド態窒素をも測定し,特に硝酸と家畜Methemoglobinemia との関係を検討した.
抄録(英)
The nitrogen content which is soluble in many kinds of solvents, in fresh and dried leaves of Russian comfrey was investigated. Harvest periods of Russian comfrey are in the latter part of May and in the early part of September. Ratios of H 20 and 0.3% NaOH soluble nitrogen are increased and 10% NaCl soluble nitrogen decreased in dried leaves compared to fresh leaves. These tendencies are observed in protein nitrogen fraction of dried leaves. The variation of solubility is considered to be caused by denaturation of protein. NH3-N, N03-N, NH 2-N, Amide-N, and Peptide-N are determined in dried leaves, and some considerations of these nitrogenous compounds, especially nitrate poisoning effect on livestock, are issued.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
5巻
1号
開始ページ
165
終了ページ
173
出版年月日
1963-12-20
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧