このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41182
本文ファイル
別タイトル
水産動物のカロチノプロテインに関する研究 : II アメリカザリガニのカロチノプロテインの赤変について
著者
Nakagawa, Heisuke
Kayama, Mitsu
Asakawa, Suezo
NDC
生物科学・一般生物学
抄録
1. 天然の甲殻に存在する赤いカロチノプロテイン(R)は青又は紫カロチノプロテイン(B,P)の自動酸化により生じたものと考える.
2. RはB又はPを100℃に加熱して生じた赤いカロチノプロテイン(Rh)とは二・三性質を異にする.
3. B及びPの自動酸化,加熱により生ずるR,RhはB,Pよりカロチノイド含量が少なく,分子量は大きい.
4. B及びPを100℃加熱して生じたRhを長期間保存すると部分的ではあるが元のB,Pに回復することを認めた.
5. 0.005MのFe++,Fe+++,Sn++,Hg++,Cu++の存在によりカロチノプロテインは不可逆的に変性する.
抄録(英)
1. The red carotenoprotein present in the native exoskeleton of the crayfish (Cambarus clarkii) seemed to be a derivative resulted from the oxidation of blue or purple carotenoproteins.

2. The red carotenoprotein extracted from the exoskeleton was different in physical properties from the reddened one resulted by boiling.

3. The red carotenoproteins resulted from boiling and autoxidation had a lesser carotenoid content and showed a higher molecular weight than the bluish carotenoproteins.

4. It was found that the carotenoprotein reddened by heating at 100°C was partially reconverted to the original bluish carotenoproteins.

5. The presence of 0.005 M Fe++, Fe+++, Sn++, Hg++, and Cu++ caused irreversible denaturation of the carotenoproteins.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
11巻
2号
開始ページ
129
終了ページ
139
出版年月日
1972-12-20
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧