このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41160
本文ファイル
別タイトル
水産動物のカロチノプロテインに関する研究 : I. アメリカザリガニ甲殻におけるカロチノプロテインの分布
著者
Nakagawa, Heisuke
Kayama, Mitsu
Asakawa, Suezo
NDC
生物科学・一般生物学
抄録
1. 0.6M硫安を用いてアメリカザリガニ甲殻より赤,紫,青の三種のカロチノプロテイン(以下CPと略記)を得た.精製後の可視部の最大吸収波長は紫CP615mμ,青CP655mμであった,赤CPの最大吸収は前二者に比較して不明瞭であるが,475mμ付近にわずかな吸収を示した.

2. 甲殻における三穫のCPの分布は部分によって異なり,尾部,頭胸部等の青い甲殻は青CP及び紫CPを多く含み,赤い甲殻では赤CPの占める割合が青い甲殻よりも大きいことを明らかにした.

3. CPを硫安水溶液で抽出後なお赤い色が甲殻に残ることから,甲殻の色はCPのみによるものではなく,非結合型のカロチノイドとCPとの共存によるものと考察した.
抄録(英)
1. The blue and the purple carotenoproteins with absorption maxima at 655 and 615 mµ in 0.05 M phosphate buffer at pH 7.3 were obtained from the exoskeleton of the freshwater crayfish (Cambarus clarkii). Besides the above carotenoproteins, the red carotenoprotein which revealed a weak absorption around 475 mµ in visual region was separated in the exoskeleton.

2. Three kinds of carotenoproteins were distributed in various colored exoskeleton in different proportions. In the claws and limbs, the red carotenoprotein was found in somewhat larger degree than in the bluish carapace.

3. A fair amount of carotenoid-pigment remained in the exoskeleton after extraction by aqueous solution. This suggested the coexistence of carotenoproteins and unbound carotenoids in the pigmented exoskeleton.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
10巻
2号
開始ページ
61
終了ページ
71
出版年月日
1971-12-25
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
NAID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧