このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39654
本文ファイル
別タイトル
A Study of Teaching Koto for Junior High School Students in 8th Grade: Subject Development of "Sarashi" by Koto Duet Through Interactions With Students in Different Grades and Creative Activities
著者
NDC
教育
抄録
本研究で扱う「箏」は,静寂や音の響きに対する繊細さ,美しい姿勢や手の動き,礼に始まり礼に終わる精神性などの点において,拓唯まれな独自性を有するとともに,どの音楽にも通じる音楽の根源的な魅力を兼ね備えていると言える。本研究の目的は,このような「箏」の素晴らしさを児童・生徒に感じさせ表現させることのできる題材を開発することである。題材開発では,異学年交流によるアンサンブルという学習形態や創作という学習内容を取り入れることが箏の学習に様々なプラスの効果をもたらすことを仮説とし,アンケート調査や児童生徒のワークシートの記述分析,また,観察による行動や演奏の評価等で,検証を行った。その結果,このような学習形態や学習内容を取り入れることで箏の演奏に対する意欲や他者と音楽を共有したり表現したりする力が高まることが分かった。
抄録(英)
The purpose of this study develops a topic to make students feel and express about the beauty of the koto. The Koto has sensitivities of quietness and sound and spirituality required to bow in the beginning and the end of playing the koto and requires a good posture and hand movements by koto players. Considering this, the koto has not only a distinctive uniqueness, but also a fundamental attractiveness related to various kinds of music. Thus, this study hypothesized a form of learning and creation like ensemble by interacting with students in different grades, and investigated how it affected students' learning of the koto positively. Based on my hypothesis, this study conducted a survey, an analysis of students' worksheets, observations of their behaviors, and evaluations of their koto performances. Findings reveal that students are more likely to share and express their motivations of playing the koto and their feelings about music.
掲載誌名
広島大学附属三原学校園研究紀要
6巻
開始ページ
209
終了ページ
214
出版年月日
2016-03-28
出版者
広島大学附属三原幼稚園
広島大学附属三原小学校
広島大学附属三原中学校
ISSN
2185-5242
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
applicaion/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧