このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 27576
本文ファイル
別タイトル
The Polyphonic World and Order <Special Issue : Order in The Middle Ages : Its Discourses and Public Systems>
著者
NDC
日本文学
抄録
共同体の多元的成立のもと諸言説が並び立って多言語化しそれらが流通交錯していったと見られる中世日本の〈公共性〉、つまりは秩序の様態を、『徒然草』におけるテキストと言説との関わり方の分析を通じて窺った。そこからは自己同定を果たす価値幻想が公家的秩序から仏教的秩序に移り、やがて言説への懐疑によって秩序そのものを他者化していく様相が見出された。
抄録(英)
In this essay I will analyze the interrelation between literary text and discourse in Tsuretsuregusa so as to make explicit the mode of "public" order in Middle Ages Japan. In this period so many independent communities were formed that diverse discourses coexisted in one nation, and they communicated and mixed up with one another. At the same time, the dominance of the aristocratic order was supplanted by that of the religious one, which in turn came to represent the nation's self-identification and maintain its imaginary unity on the level of discourse. But in the polyphonic world where any kind of unified discourse was challenged, even this supposed order, as will be seen, was becoming relativized.
掲載誌名
日本文学
44巻
7号
開始ページ
31
終了ページ
40
出版年月日
1995-07-10
出版者
日本文学協会
ISSN
0386-9903
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科