このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44959
本文ファイル
著者
NDC
教育
抄録
テキストの「読み」の対象を,テキストの開く「問題領域」(テキストの問いかけ)とテキストの「見方・考え方」(テキストの呼びかけ)との2つに区分し,学習者にその2つを区分する「構え」を身につけさせることをねらいとした授業の中で,いくつかの課題が見えてきた。その一つが,学習者の読み方の問題である。理解の難しいテキストに出会ったとき,学習者はテキストの〈語り〉を無視して,自分の主体化している観念で読んでしまう。では,国語科授業においていかにしてその問題を解決していくことができるか。本稿では, 2015年度1学期に,中学1年生122名を対象に行った学習の実践を報告する。
掲載誌名
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
56巻
開始ページ
148
終了ページ
153
出版年月日
2016-03-31
出版者
広島大学附属福山中・高等学校
ISSN
0916-7919
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧