このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 42755
本文ファイル
別タイトル
Citizenship Lessons to Solve Conflicts: Including “Emotions” in Citizenship Lessons Based on Naturalistic Perspectives of Philosophy
著者
NDC
教育
抄録
神経科学・認知科学など自然科学の成果を取り込む哲学の自然主義的転回とよばれる研究の広がりにより,人間の価値判断や意思決定に関して新たな知見が得られるようになっている。これらの知見は現在の世界を覆う様々な対立についても解決に向けた示唆を与えてくれるものである。この知見に基づき「感情」の問題を公民科の授業に取り入れ,価値判断を行わせる授業を構想し実践研究を行った。その結果,価値認識を成長させる授業への新たな示唆が得られた。
抄録(英)
New knowledge about human value judgments and decision making has been obtained by the growth in research on naturalistic perspectives of philosophy. This field incorporates the results of natural sciences such as neuroscience and cognitive science. These findings also provide suggestions for solutions to current conflicts worldwide. Based on these studies, we introduced a problem detailing “emotions” into citizenship lessons and implemented practical research by envisioning a lesson on how to make value judgments. As a result, recommendations are proposed to further develop value recognition in lessons.
掲載誌名
中等教育研究紀要
63号
開始ページ
29
終了ページ
37
出版年月日
2017-03-31
出版者
広島大学附属中・高等学校
ISSN
1349-7782
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧