このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 52142
本文ファイル
別タイトル
A consideration of Inquiry-Based Processes Through A/r/tography for a Student With Intellectual Disability: A Special Needs Elementary Art Class
著者
横山 由季
池田 吏志 大学院人間社会科学研究科 広大研究者総覧
若松 昭彦 大学院人間社会科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
A/r/tography
Arts-Based Research
探究
知的障害
図画工作
A/r/tography
Arts-Based Research
Inquiry
Intellectual disability
Art
抄録
近年,Arts-Based ResearchやA/r/tographyなど探究に焦点を当てた研究が,日本で行われるようになってきた。本研究では,知的障害のある児童が主体的に生成する探究の様相を明らかにすることを目的とし,図画工作科「ミラーアート」における探究過程をA/r/tographyにより考察した。その結果,児童は,「質問」「調査」「創造」など様々な探究の様相を経て,鏡やカラーセロファンによる工夫を凝らした多様な表現を生み出した。そして,先行研究で挙げられた探究の様相以外に,「象徴遊び」と「交流」を主体的に生成していたことが明らかとなった。また,探究の様相である「省察」を深める手立てとして,鏡とノートパソコンによる録画が効果的であったと考えられた。
抄録(英)
Recently, Arts-Based Research and A/r/tography have become more widely accepted in Japan. Our study aims to clarify phases of independent inquiry in an art class called “Millor Art,” with the participation of a student with intellectual disability. We expanded upon the student’s inquiry process using the A/r/tography approach. We observed the student using Millors and colored cellophane sheets to create imaginative works while performing inquiry-based processes. The subject’s activities indicated that there were two additional phases of her inquiry: “Symbolic Play” and “Interaction.” Furthermore, we determined that both Millors and computer recording deepened her capacity for reflection.
内容記述
本論文は,日本特殊教育学会第59回大会(2021 つくば大会)研究発表(実践・調査報告等08(知的障害 ②))での発表に加筆修正を加えたものである。
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
10号
開始ページ
39
終了ページ
48
出版年月日
2022-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2022 初等教育カリキュラム学会
部局名
人間社会科学研究科
他の一覧