このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 20410
本文ファイル
著者
福永 充吉
曽根 隆志
三嶋 弘
キーワード
白内障
眼内レンズ
グレア
レイトレーシング
輝度分布
NDC
電気工学
医学
抄録
白内障は眼球の水晶体が白く濁る病気である. この治療法として, 水晶体中の内部を取り出し, その中に眼内レンズを挿入する小切開白内障手術を行うことにより, 視力の回復が見込まれる. しかし, 術後の後遺症の一つとしてグレアの知覚が挙げられる. グレアとはレンズを挿入したことにより生じるぎらつきの知覚のことを指す. グレアの発生原因に関する詳しい解析はまだ十分に行われていない. 本稿では,グレア発生原因解析の基礎研究として, 眼内レンズ断面形状のモデル化, 眼内レンズに入射する光を反射・屈折を考慮して光線追跡を行い,眼底での輝度分布をシミュレーションした. その結果, 射出方向によってはレンズ内の全反射によりグレアが発生することを確認できた.
掲載誌名
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集
58巻
開始ページ
487
出版年月日
2007-10
出版者
電気・情報関連学会中国支部
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
会議発表論文
広大資料タイプ
会議発表論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2007 by Author
関連情報URL
部局名
工学研究科
医歯薬学総合研究科