このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15062
本文ファイル
著者
NDC
物理学
化学
内容記述
研究期間:平成14年度~15年度 ; 研究種目:基盤研究C2 ; 課題番号: 14550750
作成年月日
2004-05
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
研究報告書
広大資料タイプ
科研費報告書
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
関連情報URL
関連情報(references)
「反応性界面活性剤を利用した感温性ゲル微粒子の合成」金澤亮一・迫原修治・伊藤昭二 化学工学論文集 29(3),400-405(2003)
Preparation of Molecular Imprinted Thermosensitive Gel Adsorbents and Adsorption/Desorption Properties of Heavy Metal Ions by Temperature Swing.Ryoichi Kanazawa, Takahiro Yoshida, Takehiko Gotoh and Shuji Sakohara, Journal of Chemical Engineering of Japan, 37(1), 58-66(2004)
Preparation of Thermosensitive Microgel Adsorbent for Quick Adsorption of Heavy Metal Ions by Temperature Change. Ryoichi Kanazawa, Kazuya Mori, Hideaki Tokuyama and Shuji Sakohara, Journal of Chemical engineering of Japan 37(6),804-807(2004)
感温性ポリマーによる高濃度懸濁液の凝集・圧密 迫原修治・西川和男 化学工学論文集、26(5), 734-737(2000)
感温性ポリマーの親・疎水転移を利用した懸濁粒子の凝集メカニズム 迫原修治・木村孝志・西川和男 化学工学論文集, 26(5), 734-737(2000)
Flocculation Mechanism of Suspended Particles Using the Hydrophilic/Hydrophobic Transition of a Thermosensitive Polymer. Shuji Sakohara, Takashi Kimura and Kazuo Nishikawa, KONA Powder and Particle, No.20, 246-250(2002)
両親媒性ゲルの極性溶媒中での膨潤のキネティックス 迫原修治・瀧岡大哲・二階照夫・高谷幸平 化学工学論文集, 29(1),62-69(2003)
部局名
工学研究科