このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49465
本文ファイル
k8168_1.pdf 206 KB
k8168_2.pdf 187 KB
別タイトル
無症候性大動脈弁石灰化への18F-フッ化ナトリウム集積の臨床的意義 : 冠動脈硬化症との関係と大動脈弁石灰化増悪予測との関係
著者
中本 祐美子
内容記述
内容の要旨, 審査の要旨
言語
英語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
Copyright (c) 2019 American Society of Nuclear Cardiology.
関連情報
Nakamoto, Y., Kitagawa, T., Sasaki, K. et al. Clinical implications of 18F-sodium fluoride uptake in subclinical aortic valve calcification: Its relation to coronary atherosclerosis and its predictive value. J. Nucl. Cardiol. (2019)
関連情報URL
学位記番号
甲第8168号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(医学)
学位名の英名
Doctor of Philosophy in Medical Science
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
2020-03-23
部局名
医歯薬保健学研究科
備考
全文は、出版社の規定によりリポジトリでの公開が認められておりませんので、関連情報URLをご覧下さい。