このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43055
本文ファイル
別タイトル
Teachers' interactions developing children's germs of morality
著者
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,道徳性の芽生えを育むための有効的な教師のかかわりとは何かを検討し,明らかにすることである。この研究では,道徳性の芽生えが育まれていると思われる子どもの姿のエピソードを記録し,子どもの姿と教師のかかわりを中心に,道徳性の芽生えを育むための有効的な教師のかかわりを検証していく。
今回の研究では,次の4つの教師のかかわりが大切だということが明らかになった。 ①子どもの心の動きに寄り添った教師のかかわり②目に見えないものの大切さを伝える教師のかかわり③子どものありのままの思いを受け止める教師のかかわり④自分の思いと向き合った姿を認める教師のかかわりである。
また,これらを通して子どもへの直接的な教師のかかわり以外にも道徳性を育むために,“教師の価値観”も大きく関係してくるのだと考えた。今後は,さらに教師と子どもの直接的なかかわりだけでなく広い視点をもって,子どもたちの道徳性の芽生えを育むために重要な教師の役割について明らかにしていきたい。
抄録(英)
The purpose of this study is to discuss and clarify what effective teachers' interaction are in order to develop children's germs of morality. It mainly focuses on interactions between teachers and children and examines effective teachers' interactions to develop children's germs of morality by recording episodes of children whose germs of morality seemed to be developed. This study clarified that four types of teachers' interactions were important: 1. teachers' interactions closing to changes of children’s minds, 2. teachers' interactions conveying the importance of what the children cannot directly see, 3. teachers' interactions receiving what children really think, 4. teachers' interactions recognizing the children facing what they think. In addition, the researcher considered that not only teachers' direct interactions with them but also "teachers' senses of values" would have a lot to do with developing children's germs of morality. In further research, the researcher clarifies teachers' roles which are important for raising children's germs of morality with wider perspectives.
掲載誌名
広島大学附属三原学校園研究紀要
7巻
開始ページ
35
終了ページ
40
出版年月日
2017-03-28
出版者
広島大学附属三原幼稚園
広島大学附属三原小学校
広島大学附属三原中学校
ISSN
2185-5242
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
applicaion/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧