このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 43054
本文ファイル
別タイトル
Proving Environment and Assistance to Enable Children to Play Cooperating with Others: Focusing on Activities of Five-year-old Children Working with a Common Aim
著者
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,共通の目的に向かって取り組む5歳児の活動に焦点をあて,友だちと協同して遊ぶようになるための環境構成や援助を明らかにしていくことである。
研究の方法は,子どもたちが好きな遊びを見つけて遊んでいる時とまとまった活動をしている中で,友だちと協同して遊ぶようになるために行った環境構成や援助を記録し,実践事例として書き起こす。そして,この実践事例を本園で行っている保育カンファレンスや教師自身による実践事例の考察により,行った環境構成や援助が適切であったかを検討し,明らかにする。
その結果,以下の環境構成や援助が明らかlこなった。 ①友だちの思いを取り入れたアイデアを生み出せるようなかかわり②友だちの情況に気づき,再び友だちと共に取り組んでいけるようなかかわり③役割分担をしながら取り組む楽しさや充実感が味わえるようなかかわり④一緒に作っている友だちの思いや考えを聞くことができるような場の設定という,4点である。
抄録(英)
The purpose of this study is to clarify environment and assistance to enable children to play cooperating with others focusing on activities of five-year-old children working with a common aim. The method is recording environmental components and assistance adopted to encourage children to play cooperating with others when they did what they wanted to do and did sequence activities, and writing them down as practical cases. Then, we discussed these cases by childcare conferences held in our kindergarten and reflections by the teachers themselves. We examined and clarified whether those environmental components and assistance were appropriate. As a result, environmental components and assistance were clarified in the following four points: 1. interactions generating ideas which include others' feelings, 2. interactions which help children become aware of others' circumstances and work with them again, 3. interactions which encourage students to enjoy and get fulfillment about work with role sharing, 4. setting situations where children can listen to what others working together feel and think.
掲載誌名
広島大学附属三原学校園研究紀要
7巻
開始ページ
27
終了ページ
34
出版年月日
2017-03-28
出版者
広島大学附属三原幼稚園
広島大学附属三原小学校
広島大学附属三原中学校
ISSN
2185-5242
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
applicaion/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧