このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24711
本文ファイル
Thumnail 55-1984.pdf 950 KB
別タイトル
シア脂中の不けん化物組成の抽出法による変化
著者
Tano-Debrah, Kwaku
Ohta, Yoshiyuki
キーワード
shea fat unsaponifiable matters
sterols
triterpene alcohols
chromatographic separation
シア脂の不けん物
ステロール
トリテルペンアルコール
クロマトグラフィ分離
NDC
化学
抄録
クロロフォルム-メタノール混合溶媒、ソックスレー法、酵素法、及び伝統的法の各方法で抽出したシア脂中の不けん化物をシリカゲル薄層クロマトで分離し比較した。標準ステロールとラノステロールに相当するバンドを抽出し、ガスクロで分析した。酵素法で抽出した脂試料中には低濃度の不けん化物が検出される著者らの結果の確認と、シア脂中の不けん化物の研究が少ないのでこの研究を行った。クロロフォルム-メタノールの抽出物には5バンドが検出されたが、他の試料では3バンドしか見られなかった。硫酸50%溶液でそれぞれ異なった呈色反応を示し、それぞれステロール、トリテルペンアルコールと炭化水素に識別された。特にトリテルペンアルコールと炭化水素分が主体であった、酵素抽出脂の試料では炭化水素分は、他の成分よりも少なかった。一般的に、抽出方法によって、不けん化物の組成が変わった。ソックスレー抽出物には、ステロールとトリテルペンアルコール分がそれぞれ6及び5ピークが検出された。3種類のステロールと、2種類のトリテルペンアルコールが全体の90%以上を占めていた。薄層クロマトとガスクロのデータから、コレステロールβ-シトステロール、キャンペステロル、フコステロール、エルゴステロールなどのステロール類はほとんど見出させなかった。
抄録(英)
The unsaponifiable matters (UM) of chloroform-methanol, Soxhlet, enzyme-assisted aqueous and a rural aqueous extracted samples of shea fat were comparatively, separated by thin layer chromatography on Silica gel 60 plates. A band corresponding to a mixture of reference sterols, and another to lanosterol, of the Soxhlet extracted sample were eluted and analyzed by gas chromatography. The purpose was to investigate an earlier observation that the enzyme-assisted extracted samples had lower UM; and also to add to the otherwise scanty literature on shea fat unsaponifiables. The chloroform-methanol sample separated into 5 bands, compared to 3 apparent bands in each of the other samples. The bands had different color reactions with 50% H2SO4, and based on the reference standards, were distinguished into sterols, triterpene alcohols and hydrocarbons. The triterpene alcohols seemed to form the major components. The hydrocarbon fraction of the enzyme-assisted shea fat UM appeared to be significantly lesser than the others. Generally the observations suggested that the method of extraction could influence the UM of crude fats and oils. The sterol and triterpene alcohol fractions of the Soxhlet sample showed 6 and 5 major peaks respectively. Three sterols and two triterpene alcohols formed over 90% in each group. Based on the TLC and GC data, it appeared that cholesterol, β-sitosterol, campesterol, fucosterol, ergosterol or most of the common phytosterols are not apparently present in the shea fat unsaponifiables.
掲載誌名
生物生産学研究
35巻
2号
開始ページ
163
終了ページ
171
出版年月日
1996-12
出版者
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
ISSN
1341-691X
NCID
SelfDOI
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧